月別アーカイブ: 2017年8月

模型の為の撮影

佐世保市の風景を作成したいって会社から連絡があったので街の撮影を最近はしてます。

よくある街の歴史の為に作りたいみたいなああいったやつですね。全ての場所を写真に収めてそれを元にミニチュアを作成して配置してく地道な作業です。

どの間隔で電柱が立ってるのかとか、店構えはどうなってるのかとか高い所からだとわからない情報も全部移動して確認しないといけないので結構大変な作業なんですが、私はこういうのが好きでこの仕事始めたので楽しく作業してます。

おかげで車に乗る機会はもっと増えました(笑)

ところでこういう立体物を作る上で簡単なのはビルとかなんですが、難しいはお寺なんです。

福石観音なんて細かくて苦労します。これだけで結構な時間を使いました。簡単な写真だけでよかったのに細部までこだわりたいのでとにかく細かく写真を撮ってから作成に挑んだのでそれだけでトータル1日ちょっと分くらいになると思います。

他のものも一緒に作成してるので一日中やってるわけでもないですけどね(笑)

そんな撮影の為に車をずっと走らせてたらついに車が悲鳴を上げ始めたらしく、調子が悪くなってきました。

どうも走ってても滑らかさというか心地よさというかなんとも言えない感覚がなくなってきたんです。

重く感じて走りが悪いんですよ。さすがに限界かなって思うんですが、今の私の移動手段はこの車しかないし、どうしよう…。

アルファード発進

長崎県佐世保市の早苗さんです。29歳のアラサー、模型士をしてます。平面の図案を元に立体的なミニチュアを作成する仕事です。

私の作った物はイメージが湧きやすいように色んな場所で飾られます。飾らずに一部の人に見てもらう場合もあるのでその使用用途はさまざま。

父がミニチュア作成が好きで小さい頃から一緒になって飛行機とかお城のミニチュアとかを作ってたので自然に得意になり、いつしかそれを職業にしたいなと思って勉強しました。

作った物は自分で運ぶこともあるので私には車が欠かせません。それに大きな作品になることもあるので、ある程度の大きさも必要だったからアルファードをローンで買いました。

ローン自体は頭金を少し多く出したのですぐ完済して、今では支払いは残ってないんですが、乗り心地がよくて結構気に入ってます。でも運転へたくそですけどね(笑)免許もとるのに苦労しました。

私の住む佐世保市は特別特徴的な建物があるってわけでもないのであまり奇抜にし過ぎても浮いてしまうのであまりあまり過剰にならないように、でも個性はしっかり出すって事が結構難しくて、いつも苦労します。

でもいつかは変なホテルみたいなホテル関係のミニチュアとか作りたいなぁっておもいますね。